女性進出がjavaエンジニア不足を救う

今、javaエンジニアの不足がIT業界では大きな問題になっている。日進月歩するIT業界では毎日、毎月のように新しい商品が販売されているが、これが可能なのは、開発者がいる場合なのだ。しかし、マイナンバー制度の導入、消費税の値上がりなど世の動きはたくさんあり、エンジニアの中でもメジャー言語である、javaのjavaエンジニアが不足していることが懸念されている。働くエンジニアの男女比をみると圧倒的に男性が多いが、年齢別にみると若い働き盛りの年代には女性の活躍率が非常に多い。しかし、30代を過ぎると、結婚や出産、育児で仕事をはなれてしまい、流れの早いIT業界にはその後復活が難しい現実が見受けられる。

そこで、女性含め優秀な人材のエンジニアを確保するためにも、在宅で働けるワーキングスタイルの確保をしたり、会社で託児所を確保して共働きでも安心して仕事ができるようにしたり、と工夫をしている企業が多くあるのだ。この変化もあり、IT企業は特に時代の変化についていくのが得意な業界だといえるのかもしれない。また、なぜ”女性”なのか。これについては、家庭や育児を経験している女性の視点を重視したマーケティングも重要視されている世の中の動きがあるからなのだ。女性の視点のWebマーケティングを行い、魅力的なサイトのデザインやシステムの開発が必要になってきているのである。このような最新の動きをする、今後のIT業界にも一層注目が集まりそうだ。

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です