文系女性が選ぶjavaエンジニアの仕事

文系の大学で学業を修めて就職活動しているものの、なかなか仕事先が見つからない女性もいる。その場合、プログラミングの仕事にチャンスが見つかる。ソフトウェア開発の人材が不足しているため、たとえ未経験者であっても採用される可能性はある。特にjavaエンジニアは人材が足りない傾向にあり、採用の可能性が高い。しかし文系の女性は、理系の仕事を選ぶ事に抵抗感がある。ましてやコンピューターに触れたこともない女性は、いきなりjavaエンジニアの仕事を選ぶのは初心者にとってハードルが高いと考えるかもしれない。しかし、基本的なプログラミングのスキルを身につければ、簡単なプログラミングの仕事であればすぐこなせる。javaのソフトウェア開発の段階で、高度なプログラミング技術が求められる仕事は、ベテランのエンジニアたちが担当している。

一方で仕事を始めたばかりの未経験者は、まずは簡単にできる作業内容から始められる。そのため、必ずしも高いプログラミング技術を必要としない。仕事の経験を通じて、少しずつ新しいことを学ぶと無理がない。文系や理系といった分類にこだわらなければ、仕事を獲得できるチャンスがある。開発現場でのjavaエンジニアの不足は深刻であり、このまま人材の供給が滞ったならば、いずれ社会問題に発展しかねない。自らの労働力が、社会のためになるとも考えたなら、初めての仕事にも意欲が持てる。情報技術の分野では、エンジニアとして働く女性の姿も増えていて安心感もある。

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です